yasmin railphoto blog~鉄道などの写真ブログ~

カテゴリ2019年03月 東北の鉄道旅Ⅱ 1/4

東北の鉄道旅 0331

三時間ちょいで東京は結構近いほうに入るのでは?喫煙車のマークももう見れないのかな・・・?秋田の旅はこうして幕を閉じるのでした・・・。さて、明日から新年度ですね明日から一か月は「シグマ50/1.4で撮影する鉄道」をお送りします。単焦点で鉄道の写真が撮れるのか?どんなものが撮れるのか?をお送りしていきます激動の平成はもうすぐ終わりを迎えます。明日4/1午前に元号の発表があります。時代が変わる、元号が変わるから...

  •  0
  •  -

東北の鉄道旅 0330

角館の本屋で車内で読む本を購入して駅に戻ってきたときに撮ったもの。途中下車して何もできなかった「阿仁マタギ」の「マタギ」は、熊を狩猟する人たちをさしています。跨ぐ(またぐ)という意味ではありませんのでご注意!・・・平成の終わりが刻々と近づいております昭和生まれで、独身の私もいれば、平成生まれで平成生まれのお子様がいらっしゃるという方もいらっしゃるでしょう。就職に苦労した方もいらっしゃれば、全く就労...

  •  0
  •  -

東北の鉄道旅 0329

何とか切符を購入できました。しかも希望の喫煙席。そして余った時間を本屋で過ごすのですが、奥に見える電車、田沢湖線の列車なのですが、一日に数本しかない貴重な列車です。高校生が乗っていきました。大曲から 岩手県の盛岡までは田沢湖線といい、レール幅が標準軌になりました。奥の電車は特別仕様です。なので、時刻表にある通り、殆どの列車は「こまち」なのです。...

  •  0
  •  -

東北の鉄道旅 0328

阿仁マタギ駅で下車。紫色の車両は行ってしまいました。この近くに「打当温泉(うっとうおんせん)」というのがあるらしく、次の列車までの2時間くらいで行ってこようと思っていたのですが・・・時刻表で次の列車を確認していたら、気づいたことがありました。新幹線の切符を買ってない。秋田新幹線は全席指定席。しかも東京行き最終。(本当は立ち席特急券というのがあり、救済措置は存在するのですが当時は知りませんでした)座...

  •  0
  •  -

東北の鉄道旅 0327

阿仁合をまもなく出発。次の目的地を「阿仁マタギ」駅に設定し、紫色の列車に乗っていくのでした。そういえば・・・「紫色のハート」💜など、色付きのハートには意味があるそうです。ハートの色の意味💙→寂しいよ💜→優しいね💚→面白いね❤️→愛してるよ🍊→好きだよ💛→ユニークだねというツイートがあって勝手に転用しました。ハートの色の意味💙→東西線💜→半蔵門線💚→都営新宿線❤️→JR各線🍊→銀座線💛→有楽町線位で考えちゃいます。まぁ、どうで...

  •  3
  •  -

東北の鉄道旅 0326

上の写真は、昨日の橋の上を行く列車ののちに撮影したものです。もうすぐ、阿仁合を出発しなくてはいけません・・・。...

  •  0
  •  -

東北の鉄道旅 0325

阿仁合駅近くの高台に行ってみた。阿仁川の向こうに橋らしきものがみえる。あれは鉄道のものだろうか・・・阿仁合にやってくる車両が見えた。鉄道の橋だった。チョット小さいが、写せてよかった。何度も何度も言うが、本当に今日中に東京に戻れるのだろうか?あまりにも長閑すぎて、そのことしか脳裏に浮かばなくなっていた。それにしても、こういうところに住んでいらっしゃる方々も生活が大変じゃないでしょうか・・・...

  •  0
  •  -

東北の鉄道旅 0324

秋田内陸線の阿仁合(あにあい)に着いた。流石に朝から何も食べていないせいか腹が減った。駅にある食堂で「馬肉丼」なるものを食べた。意外と淡白で、おいしいのだが、そのせいか食べた感じがしなかった。もう何杯か食べてもよかった。それだけおいしかった。また食べに行きたい。http://www.akita-nairiku.com/others/restaurant.php↑多分この食堂・・・昔と変わっているかな?腹が満たされたところで、近隣に撮影ポイントはな...

  •  0
  •  -

東北の鉄道旅 0323

秋田内陸線の途中駅で、急行もりよし号とすれ違う。ここから見た感じでは、客は殆どいなさそうだ。秋田内陸線の沿線は、確実とは言えないのだが途中に「○○市」というのはなかったと思う。それだけ長閑なところだった。今は、北秋田市と仙北市だけのようです・・・。いわゆる平成の大合併で広い面積の街が生まれたのだと思います。運転士さんの背中がさみしい。...

  •  0
  •  -

東北の鉄道旅 0322

秋田内陸線の気動車の中。乗客はほとんどいません。高齢のおかあさんが、買い物をしてきたといってきて、自分が旅していることについて話を聞いてくれた。山間部の長閑なところに、住んでおられる面倒見のよさそうな方だった。その方は米内沢で降りて行った。ガラガラと響くエンジン音。外は秋一色の大自然。自分がどこにいるのかよくわからなくなってしまった。本当に今日中に東京に戻ってこれるのか?追記昨日ちらっと記載した、...

  •  2
  •  -